自然学園高校入学を志すみなさんへ 
「学校創立者あいさつ(抜粋)」

学校創立者  西條隆繁

 いま世の中では、「いわゆる偏差値が高い学校」が「いい学校」と考えられ、これを基本に学校の格付けが行われています。

 自然学園高校の教育理念・その実践方法は、この考え方と大きく異なります。

 自然学園高校の教育理念・その実践方法は、この考え方と大きく異なります。冒頭に、自然学園高校教育の基本理念が

   偏差値至上主義の教育は、もう、さようなら
   それぞれの個性と能力を磨き、天職探しのたびに出よう

と記されておりますように、日ごろ私は、教職員に向かい「自然学園高校は(国数英のテスト偏差値)ナンバーワンを目指す学校ではない。オンリーワンの人間づくりを目指す高校である。」と言っています。

 本来、人間は一人ひとり異なる個性と能力を授かって生まれてきます。。生徒一人ひとりの個性と能力を活かし「高校生活3年間で、入学時に比べ何らかの+αを付け卒業させてあげられたらいいな。」と思っています。
 これが自然学園高校の願いです。

 生徒の皆さんには、成人した将来、オレは、私は、「コレ」をもって世の中で勝負していくと、自信をもって語れる人物になってほしい。自然学園高校が行う教育は、生徒の皆さんが、自分の個性と能力に合った「コレ」を創造できる勉強が、如何なるものか。その勉強(天職探しの旅)の入り口探し、その進め方学習のお手伝いをするものでありたい。
 そう願っています。
こうした願いの実践に向け、特色ある教育の展開に努めている自然学園高校です。「自分独自の個性と能力の発見と練達に向けて、高校生活をエンジョイしたい。」 
 そんな志をもつ生徒の皆さんの入学を待っています。



学校法人自然学園
自然学園高等学校
 ・国際理数コース キャリアコース  ・キャンパスの紹介
 ・総合文化コース 国際農業コース  ・入試のご案内
 ・健康文化コース ・進学習熟コース  ・卒業生へのご案内
 ・芸術文化コース 広域通信コース  ・採用情報