8/31 オープンキャンパス

8月31日(土)の午後、今年度4回目のオープンキャンパスが開かれました。参加者は、9組14名。当日は猛暑日で、いつもは涼しい風が吹き抜ける会場のレッスン室も、ちょっと蒸し暑い感じでした。それでも皆さん真剣に話を聞き入っていました。

当日のスケジュール

13:00~ 受付
13:30~ 開会の辞
13:35~ 校長挨拶
13:50~ 各コース説明
国際数理 芸術文化 総合文化 広域通信制
14:30~ 質疑応答・中締め(先生紹介)
14:35~
授業参観・校内見学
国語の授業 数学の授業 音楽の授業
15:00~ 個別面談

今回は、校長先生の挨拶の写真を一枚掲載します。

校長挨拶

校長先生の話を要約すると、ポイントは2つ。

一つは、学校の玄関に掲げられた額の字句「天地万物皆我師也」。学ぶ気持ちがあれば、何処からでも誰からでも学ぶことができるということ。 何より自然そのものから学ぶことが一番で、それが自然学園の名前の由来です。労作教育として農作業をするのも、その一つの実践です。

もう一つは偏差値で人を見ないといういこと。人それぞれに個性があり、良いところ、好きなこと、得意なことがある。この良いところを伸ばし、それぞれがその得意とすることでどう社会に貢献できるようになるか。それを援けるのが自然学園の教育。

そういう教育をするには、少人数であることが必要。一人一人の顔と名前、個性、人格を把握できる人数。それが自然学園の定員数になります。

 

 
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.